Project 47


by 47project

食品測定ワークショップ

5月29日(日)、福島市内にCRIIRADの研究員を迎えて、食品測定ワークショップを行います。
安全を確認したい食材を皆様に持参していただき、ワークショップ形式で内部被曝、防護の手段、安全な食材の基準に関する知識を学びながら食品測定の方法を覚えていきましょう。
市民の食品測定所の設置に向けた、前イベントです。多くのみなさまの参加をお待ちしております。

場所:市民活動サポートセンター 福島市大町 チェンバ大町ビル3F

時間:
13:00~15:00 :ワークショップ形式の食品測定会 
(1回の測定に500g(500ml)測定したい 食品類をお持ちください。)
   
15:30~17:30 :レクチャー 
(内部被曝についての知識、基準値についての考え方、避けるべき生活・食習慣など)
   
18:00~      :Q&A 
(普段から疑問に思っていること、
外部・内部被曝を避けるさまざまな手段などについてCRIIRAD研究員との質疑応答です。)


参加研究員:CRIIRAD研究所長:ブルーノ・シャレイロン 研究員:クリスティアン・シャルボン

*測定したい食材をお持ちよりください。(500g必要です。)時間の関係により、持ち寄られたすべての食材を測定することができないかもしれませんので、その旨ご了承ください。
**測定する食材は洗って調理前の状態(水をよく切った状態)でお持ちください。
***
使用測定器材



CRIIRADとは?
クリラッドとは?(和訳あり)
CRIIRADは、Commission de Recherche et d’Information Indépendantes sur la Radioactivité(放射能に関する調査および情報提供の独立委員会)の略称です。
非営利団体:環境保護団体として国に公認されている団体(NGO/NPO)
分析研究所:フランス厚生省から技術資格証明書を認定された研究所
C R I I R A Dは1 9 8 6年に設立されました。
チェルノブイリ原発事故の際、フランスの公的機関は、距離の遠さゆえに、
放射能雲はフランスにまったく到達しないと発表しました。

そのため、ほとんどの人が何も知らずに、
放射性物質にまみれた牛乳、チーズ、生野菜を消費してしまいました。
チェルノブイリ事故が環境と人間に及ぼす影響についての、こうした思慮の浅さを反省し、CRIIRADが設立されたのです。

◎CRIIRADは次のような目的で活動しています
● 放射能汚染と原子力に関連する危険性について調査し、人々へ情報を提供する
● 既存の検査および放射線防護の規制が維持され、適用されているかを監視し、改善を促す
● 私たちの健康や環境を守るために、必要と考えられるあらゆる策を講じさせる
 原子力企業、国家、いずれの政党にも属さない独立団体であること。
これがCRIIRADの最も誇るべき特徴です。
[PR]
by 47project | 2011-05-21 23:25