「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

野菜村に野菜を届けてきました

久松です。福島に野菜を届けに行ってきました。野菜を提供してくれた皆さん、本当に有難うございました。

23,24日とも、快晴でもう秋空。空は高く、高速道路からは左手には、はるかに磐梯山の山並み、右手にはあぶくま山系の独特な起伏に富んだ、丘のようなたおやかな山並みが、リズミカルに続いています。

それにしても福島に行く度に、なんとも言えない分からなさを感じてしまいます。会場になったビッグ・アイは、郡山の駅前にあるのですが、駅前に出てみれば、誰もマスクなどしておらず、どの店も大体開いていて、何もなかったかのように駅横のヨドバシカメラでは、盛んに商品のキャンペーンをやっていました。駅前の風景からは、郡山の人たちがいったいどんな気持ちで暮らしているのか、とても推察することはできません。それでも,もっていったGM管では、370cpm(5回平均)と出ていました。

郡山に着いたのは、一時頃。会場は、ビッグ・アイの7階にあり、23日は、延べで150~200人近くの人がこられたでしょうか?政府の安全キャンペーンが行き届いているせいでしょうか、僕が深刻に思っている度合いに比べれば、それでもまだまだ参加者が少ないように思えました。でも武藤類子さんや佐久間さんのご家族、それに夏休みの八ヶ岳を訪れた二瓶さんや今泉さんのご家族、小堀さんの友人で、新潟から八ヶ岳を訪れたことのある中学生の男の子のいる寺田さん、それに大賀さんのお嬢さん、鈴木絹江さん、放射能測定器の販売を手がけている渡辺さんや子どもフクシマの椎名さんやたくさんの福島の方々ともお会いすることができました。短い期間に、僕もずいぶん福島の友人が増えたなあと改めて思いました。

放射能測定所の人も見えていて、渡辺さんとも食品測定器のことがしばし話題になりました。

その日は、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」生活村担当の椎名千恵子さんと共に、いつものように武藤さんのカフェに泊めてもらいました。椎名さんは、宮城県で有機農業をしていて、ウーファを利用してよく外国人も訪れて、やっと自給自足的生活の基盤もでき、さあこれからという時に、この原発震災にあったそうです。もうこれから何をやるという目標は立てられなくなりました。今は原発反対に邁進して、これを止めさせることなくして、前には進めません。溢れる涙を拭いながら、このままでは、この世界を子や孫たちに手渡せません。孫たちや若い人たちに申し訳なくて仕方ありません、と類子さんともども言っておられました。

また椎名さんは、原発震災後、デニス・バンクスが、日本に向けて発したメッセージのこと知っていますかと問われました。デニス・バンクスのことは知っていましたが、残念ながら震災後のメッセージのことは知りませんでした。政府や東電は、全く理がないんだから、あれでは決して未来は、開けない。真理は私たちの方にあるとも言われていました。

デニス・バンクスの日本へのメッセージ

http://d.hatena.ne.jp/siniaimacoco/20110331/1301561116

椎名さんも類子さんも、僕よりもちょっと下の世代か同じ位の世代で、70年代に流行った大野一雄や土方巽や「暗黒舞踏」や笠井叡の「精霊舞踏」の話にもなりました。今の若い人は、オドロオドロしいのはダメでしょうが、何を意味しているのかわからなかったけれど、あれでいろんな思考の枠組みを外す手助けになったと思うといった話になり、なにやら共通の時代を体験していたことを不思議に思いました。

翌朝も、雲ひとつない快晴で、午前中は時間があったので、小一時間でいけると聞いたので、かねてから行ってみたいと思っていた「あぶくま洞」に行ってみました。三春町からあぶくま洞までの道は、小高い丘のような山並みに沿って、幾重もの小さな道路が通っていて、放射能の事もしばし忘れるほど、本当に独特で美しい山里でした。「あぶくま洞」付近は、三春町よりも原発に近いのに線量も意外と低く(120cpm)で、この地に住む人は、こんな美しい場所を放棄することはできないだろうな、と思いました。改めて放射能は、本当に始末におえないもののように思いました。京大の小出さんは、3.11以降世界は、変わってしまい、もう元の世界ではないといいます。でもうっとりと風景に見とれながら走っていると、つい放射能の事など忘れてしまい、何度も、風景は同じでも以前とはもう違うのだと自分に言い聞かせなければ、なりません。どうしてこんな綺麗な自然を汚してしまったのだ、と東電や政府に対して、怒りが沸々と湧いてきます。そしてマスクをして草刈りをしている農家の人を見ると、本当に無念だろうな、その悲しみを思うと自然と涙が出てきます。そして念願のあぶくま洞。もっとひっそりとしていると思ったのですが、山腹に鋼鉄の構造物などあってちょっとがっかり。70年代にきておくべきだった。早速中に入ると、常時15度Cとのこと。洞内は40cpmと線量も低い。もっとゆっくり胴内を散策したかったのですが、洞窟にいる間に、地震でも起こったらどうしようと思い、そそくさと出てきてしまいました。8千万年かけて出来た洞窟だそうで、このくらいの地震じゃ大丈夫かと思ったのですが、身体が急いじゃううだからしかたない。

三春町での野菜村は、3時半ごろ失礼して、帰路につきました。帰り道、何箇所かのパーキングエリアで、線量を測ってきました。



郡山南 310cpm

鏡石 車中150cpm 芝生310cpm

阿武隈パーキングエリア 車中181cpm 芝生 570cpm

上河内パーキングエリア 車中90cpm   芝生 130cpm

最後に僕は、ガイガーカウンターのことが、全然分かっていません。cpm表示の意味も全然分かっていません。僕の、トンチンカンに違いない、ものすごく初歩の初歩の疑問を別のメールで書いて見ます。分かっている人や坂野さん教えてください。

                             久松拝
[PR]

# by 47project | 2011-09-25 23:47

規約・住所等変更のお知らせ

みなさま

47プロジェクトの住所が変更になります。

〒960-8031
福島市栄町12-28 3F
090-6068-5074
info@pj47.net

また、金野氏が体調不良のため47プロジェクトを脱退されることとなりました。
今まで、47プロジェクトの測定、そして福島支援へのご尽力、大変お疲れさまでした。
この場をお借りして、感謝を申し述べたいと思います。
氏には、ゆっくりとした静養を営まれますよう、切に願っております。

長らくこちらのブログも更新できなかったのですが、現在の47プロジェクトのミッション進行状況については、こちら(http://www.crms-jpn.com/)を参考にしてください。

また北杜市での避難受け入れプログラムについては、久松氏にもご報告いただこうと思っています。

規約の一部を変更いたしました。(8)を追加しておりますのでご確認ください。

測定器47台プロジェクトは次の目的をもって活動する
        (1)放射能測定器を目的達成に必要な台数を確保する
        (2)(1)に必要な資金を集める
        (3)全都道府県に市民放射能観測所を設置する
        (4)(3)の目的達成のために必要な広報及び募集業務を行う
        (5)全都道府県の放射能測定地をリアルタイムに集め公表する
        (6)(1)~(5)までの業務を通じて日本における放射線被ばく被害 
           の防護及び脱原発・核廃絶実現に寄与する
        (7)(3)を実現する前に、時局に鑑み当面は東電福島原発を中心と
           したエリアに測定器を重点配備することによって、住民避難時期
           及び耕作可能または不可能の判断を行う目安を提示する。
        (8)以上の目的を達成するために市民放射能測定所の設立、運営の
           補佐を行っていく

皆さまには長らくご報告が遅れましたが、7月をもって、金野奉晴氏に代わり、私、岩田渉が47プロジェクトの代表を務めさせていただくこととなりました。今後とも変わらぬご支援を賜りたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

# by 47project | 2011-09-25 15:29

市民放射能測定所・ラボ準備中

少し時間を遡ります。

17日に測定所1が情報センターに開所されましたが、実はその2日前から本町のほうにラボの場所を見つけ、ゲルマニウム半導体検出器を移動、設置開始。頭の中がお祭り騒ぎのなか、17日を迎えたのでした。
b0216349_1051298.jpg

ばらして運び込み
b0216349_105415.jpg

組み立てて電源を入れて徐々に2000ボルトまで電圧を上げて校正
b0216349_10532196.jpg

レイテックの尾鍋さん

b0216349_1113032.jpg

鉛で遮蔽(まだ足りず)
[PR]

# by 47project | 2011-07-22 11:05 | FUKUSHIMA

Our planet

私はあまり記念日を祝う習慣がないのですが、昨日は誕生日を祝っていただきました。
とても照れくさいので苦手なのですが、とてもとてもうれしかったです。
子ども福島ネットワークの測定班の立ち上げから一緒だった初期メンバー、
いまは数世帯が山形に避難し、避難・移住準備中のかたもいます。
一生懸命つなげてくれていた人たちだから、あまり会えなくなり寂しさもありますが、
本当に良かったと思っています。

今でもサポートする、サポートされるというような水臭い関係は嘘っぽくて好きになれません。
一緒に取り組んでいるんです。
だからうれしいんです。

どうもありがとう。

b0216349_2139874.jpg

[PR]

# by 47project | 2011-07-11 21:42 | FUKUSHIMA

ホールボディカウンタ

市民放射能測定所で設置を進めたい機器は多岐にわたります。
ゲルマニウム半導体検出器、モニタリングポスト(ダスト・ガスの24時間モニタリングのため)、そしてホールボディカウンタです。

鳥取から南相馬に貸し出されているホールボディカウンタを見に行ってきました。
立位型もありますが、
b0216349_2023491.jpg

調整しておらず、座位型のみが使用される予定。
b0216349_20221440.jpg
b0216349_20215233.jpg



1分間で、甲状腺と体幹部を計測。

現在は病院脇に設置されており、バックグラウンドの値が大きく評価が大変難しいとのこと。
私たちで設置するときに、どのような場所であるべきかを参考にするうえで貴重な体験となりました。
[PR]

# by 47project | 2011-07-08 20:24 | FUKUSHIMA

市民放射能測定所へのご支援

ご存知の方も多いと思いますが、念の為にお知らせと確認です。

福島市内に市民放射能測定所がオープンします。
場所などのご確認は下記のURLへ
http://blog.goo.ne.jp/kodomofukushima

なお、市民放射能測定所では支援金を募集しています。

<支援金の振込先>

ゆうちょ銀行 普通預金 店番828  口座番号1156953(他銀行からの場合)

ゆうちょ銀行 普通預金 記号18210 番号11569531 (ゆうちょ銀行からの場合)

口座名: 市民放射能測定所

47プロジェクトとは、別プロジェクトですので、支援金のお振込先を間違えないように
お気をつけいただき、上記の口座へお振込ください。

内部被爆の恐ろしさが知られるようになり、農産物や水、加工食品などに含まれる放射能に
関心が高まっており、今後ますます市民放射能測定所の存在は重要なものになっていきます。

皆様のご支援を心からお願い申し上げます。

測定器47台プロジェクト・事務局
[PR]

# by 47project | 2011-06-27 23:19

活動報告 1

47プロジェクトをサポートしてくださっている皆様には誠に申し訳ないことに、いままでほとんど活動の報告を行う機会がありませんでした。6月某日に北杜市に戻ったときに活動報告会を行いましたが、すべてを語りきることができません。このブログにもポツポツと思い出すことから書いていきたいと思います。また今後の活動の大半
は市民放射能測定所の開所に向けられることになりますので、そちらのほうも順次ご報告したいと存じます。

月末から5月いっぱいまで、ほとんどの時間を福島での測定と人々とのコミュニケーションに費やしてきました。4月29日より、金野、久松、岩田の3名で福島県入りし、まずは船引町に泊めていただいた”きらら”というカフェで最初の測定希望者を集めた測定の講習会を行いました。そのまま1ヶ月もお世話になることになるとは夢にも思わず、線量が低く、美しい自然に囲まれた”きらら”での滞在を愛しました。(ルイコさんありがとう!)。また次の日には、郡山の災害地障がい者支援センター(名前を間違えていたらごめんなさい)へ赴き、簡易測定器の使用法、測定方法、また放射能の仕組みについて、レクチャーしました。時には社会的に弱い立場に立たされざるを得ない障がい者のかたがたの安全を確保できれば、健常者はたいていにおいてその安全を保たれるのです。これは今後も引き続き課題になる問題です。

東北道を北上する間に、クリラッドから貸与されたシンチロミーターDG5によって、汚染の状況がどの程度広がっているものなのかを如実に感じ取ることができました。美しく晴れた景色のなか、のんびりと田んぼの作付けを行っている姿とは対照的に測定器はその数値をシビアに見せます。そのギャップに、今でも居た堪れなくなります。

5月1日にホリスティカかまたという予防医学の施設で、”子どもを放射能から守る福島ネットワーク”立ち上げに参加しました。全体会議のあと、いくつかの作業班にわかれ、私たちは測定班で定点観測に参加していただく方と出会いました。29日の時点で、放射能の不安を口にすることはタブーと化している現状を色々と聞いていたので、こうして集まった人たちは自分たちの状況を把握したいと考えており、なんとかその要望に応えられないかと考えました。その後、測定のワークショップを行い、簡易測定器のRADEX1503を手渡しました。これでほぼCRIIRADから提供された簡易測定器を福島のかたがたに届け終わりました。

そして次の日から、DG5、LB123(ヨウ化ナトリウムシンチレーター)を使用した広域の、特に保育園、小学校、中学校の測定依頼を保護者の方から受けて測定して回る日々が始まります。

続く。。
[PR]

# by 47project | 2011-06-15 21:36 | 活動報告

食品測定ワークショップ

5月29日(日)、福島市内にCRIIRADの研究員を迎えて、食品測定ワークショップを行います。
安全を確認したい食材を皆様に持参していただき、ワークショップ形式で内部被曝、防護の手段、安全な食材の基準に関する知識を学びながら食品測定の方法を覚えていきましょう。
市民の食品測定所の設置に向けた、前イベントです。多くのみなさまの参加をお待ちしております。

場所:市民活動サポートセンター 福島市大町 チェンバ大町ビル3F

時間:
13:00~15:00 :ワークショップ形式の食品測定会 
(1回の測定に500g(500ml)測定したい 食品類をお持ちください。)
   
15:30~17:30 :レクチャー 
(内部被曝についての知識、基準値についての考え方、避けるべき生活・食習慣など)
   
18:00~      :Q&A 
(普段から疑問に思っていること、
外部・内部被曝を避けるさまざまな手段などについてCRIIRAD研究員との質疑応答です。)


参加研究員:CRIIRAD研究所長:ブルーノ・シャレイロン 研究員:クリスティアン・シャルボン

*測定したい食材をお持ちよりください。(500g必要です。)時間の関係により、持ち寄られたすべての食材を測定することができないかもしれませんので、その旨ご了承ください。
**測定する食材は洗って調理前の状態(水をよく切った状態)でお持ちください。
***
使用測定器材



CRIIRADとは?
クリラッドとは?(和訳あり)
CRIIRADは、Commission de Recherche et d’Information Indépendantes sur la Radioactivité(放射能に関する調査および情報提供の独立委員会)の略称です。
非営利団体:環境保護団体として国に公認されている団体(NGO/NPO)
分析研究所:フランス厚生省から技術資格証明書を認定された研究所
C R I I R A Dは1 9 8 6年に設立されました。
チェルノブイリ原発事故の際、フランスの公的機関は、距離の遠さゆえに、
放射能雲はフランスにまったく到達しないと発表しました。

そのため、ほとんどの人が何も知らずに、
放射性物質にまみれた牛乳、チーズ、生野菜を消費してしまいました。
チェルノブイリ事故が環境と人間に及ぼす影響についての、こうした思慮の浅さを反省し、CRIIRADが設立されたのです。

◎CRIIRADは次のような目的で活動しています
● 放射能汚染と原子力に関連する危険性について調査し、人々へ情報を提供する
● 既存の検査および放射線防護の規制が維持され、適用されているかを監視し、改善を促す
● 私たちの健康や環境を守るために、必要と考えられるあらゆる策を講じさせる
 原子力企業、国家、いずれの政党にも属さない独立団体であること。
これがCRIIRADの最も誇るべき特徴です。
[PR]

# by 47project | 2011-05-21 23:25

政府が放射線量測定器を隠している?

下に掲示された動画を健康に注意しながらご覧下さい。

厚生労働委員会「海外からの放射線線量計の行方」2011.05.19-1


厚生労働委員会「海外からの放射線線量計の行方」2011.05.19-2


こうした官僚によってこの国が管理運営されています。
このままで良いと思われますか?
[PR]

# by 47project | 2011-05-21 15:37

福島駐在員奮戦記

少数精鋭の当プロジェクトですが、たった一人で福島に駐在し
孤軍奮闘しているのが我らが「ワタル君」で~す。

測定依頼があれば福島県内を東奔西走し、日夜見えない敵
放射線怪獣「ベタガンマー」と闘う日々なのです。(笑)

・・・・とまぁ、冗談はここまでとして、「ワタル君」は来る日も
来る日も測定依頼に応じて頑張っています。

彼がフランスの市民団体「クリラッド」との架け橋役をしてくれて
福島への測定器第一弾が10台無償貸与されたのです。
 
彼は英語が堪能で、お陰でこんな弱小NPOなのに、国際的な
交流範囲を持つことができました。47プロジェクトのエースです。

47プロジェクトは、人との繋がりに恵まれています。
福島での拠点もある人との出会いによって利用させていただく
幸運に恵まれました。

そして、福島へ入ってからの巡り会いで測定者の方々とも出会う
事が出来ました。

私たちひとり1人の力は小さい。
しかし複数の人々と繋がり合うことで大きな力に成長する事も
不可能ではないんだと、気づかされています。

「ワタル君」は、どうしても測定依頼を断ることができない。
彼の心の中に燃える何かがそうさせているのだろうか。
測定依頼に出向くことは数値の高い所へ出向くことになりがちです。
彼の被曝量はすでに相当高い数値になっているに違いない。

彼の健康も・・・・・心配です。

写真その1 F保育園で、保育士さんとワタル君。マスクは必需品です。
b0216349_23243244.jpg

写真その2 測定に使用している2機種 左がDG5 右がLB123 
b0216349_2326369.jpg

写真その3 滑り台の下やコンクリート製の山の裾などが高い数値になっていた。
b0216349_2327353.jpg

[PR]

# by 47project | 2011-05-18 23:55